振り返る

0
    いい機会だから、振り返ってみました。
    よくある展開、といえばそんなところです。

    では、はじまりはじまりー



    2001年、AtelierRIKOを立ち上げる際、
    ”私の仕事です”と言えるようにすることが目標でした。

    それなりの覚悟、そして、それなりの利益。
    家事を除くほとんどすべての時間をそれに費やし。力入っていました!
    労働時間だけは立派な"仕事"状態。利益は趣味に毛が生えた程度…。
    そんな生活を7.8年。

    そんな状態に、徐々に疲れてしまったのです。
    認めたくなかったけど。
    これをずーっと続けることを想像すると、気が遠くなった。
    このペースをずーっと続けないと維持できない現実に。
    喜んで下さるお客様ともたくさん出逢えて、充実していたし恵まれていたけれど。
    それでも、そう感じてしまう自分をごまかせなくなりました。
    充実はしているけれど、ふと時給?なんて考えてしまうと情けなく。
    時給として捉えること事態間違っているのですが、自分の中で折り合いも付けられず。
    作ることも嫌になっているのか???


    小休止。
    今年の始めはこちらを作っていました。
    友へ贈るブランケット。
         






     こういうものを作る時間が
     ほんとに楽しい!
     と思えるようになったのは
     割と最近です。
     


    で。
    少し距離をおいてみることにしました。
    週に4,5日、1日4h程度のパートのおばちゃんになりました。
    家ではデスクワークが多いので、外では身体を動かしたい!と肉体労働系をセレクト。
    時給は決して高くはないけれど(作るのに比べればとても高い!)、時間に正比例する稼ぎというのは気持ちがいい。
    体を動かし汗をかく労働とは、なんと気持ちのいいことか!


    対外的にも、とても楽になりました。
    家で仕事をしているというのは、店構えもない状況ではわかりづらく。
    言い切ればいいことのなのに、言い切れないどこかに潜む後ろめたさ。
    "仕事が入っているので・・・"
    この断り文句、憧れてました(笑)
    水戸黄門の印籠のようなこのセリフ、私も手に入れました。


    パートのおばちゃんが終わっても、まだ、半日残っているこの状況。
    作りたいものを作り、それまでなかなか時間が割けなかったことにも手を出し。
    期限に追われることもない、ストレスレスな日々。
    これって、半隠居生活?
    そんな生活、そろそろ5年。


    つづく(続くんかぃ!)


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM